ホームお役立ち情報 > 住み替えチェックポイント
住み替えチェックポイント
不動産に関する専門知識を覚えましょう

不動産に関する専門知識を覚えましょう

買い換えの際には、不動産の専門知識を知っておかないと大変なことになってしまいます。
「新居を購入したものの税金がかかりすぎて資金の手当てに困った」 、「土地や住宅を売却したら思っていた以上の税金を納めることになった」、また「法律上の規制を知らなかったたので購入した敷地に希望の建物が建築できなかった」など、事前にしっかり覚えておかないと困った事態になってしまいます。 あらかじめ必要だと思う項目は勉強しておき、そういった事態が無いようにすることが大切です。
『売り』と『買い』のタイミングが重要

『売り』と『買い』のタイミングが重要

住まいの買い換えの際には、「売り」と「買い」のタイミングが重要になってきます。
「自宅が売れたのに希望の物件が見つからない」、逆に「購入物件が見つかったのに現在の住まいが売れない」など、タイミングが合わないと、資金の受け渡しから引越しといった買い換えの手順もスムーズに行なえなくなります。 現在の住まいを売却後、次の住まいが予定どおり購入できない場合にはアパートに移るなど、経済的にも大変になります。 「売り」と「買い」の時期をしっかりと考えた、スケジュール管理が大切です。
資金計画をしっかり

資金計画をしっかり

住まいの買い換えの際には、現在の住まいの売却代金で、次の住宅を購入するのが通常の流れになります。
売却の代金が手に入らないと、新居の購入資金のやりくりができないというケースが多々ありますが、このような場合には、民間の買い換えローンを利用することになります。
買い換えローンは、収入や担保評価などによって借入額に限度がありますので、十分な注意が必要です。 また、資金の中に、登記費用や不動産取得税など各種費用を併せて考えておくことも覚えておきましょう。
店舗ご紹介
福岡エリア
北九州エリア
久留米エリア
その他エリア
お役立ち情報